車を購入する上での注意点を解説致します。

新車を安く買うには

値引きできるのは何も中古車だけとは限りません。新車の場合もポイントを押さえた上でうまく交渉をすることが出来れば、最初の値段よりだいぶ値段を落とすことが可能です。ではこのように新車を出来るだけ安く購入するためには一体どんな方法、交渉術を用いればよいのでしょうか?ここではそのポイントを紹介していきたいと思っています。

車格による値引きの違い

車を販売しているディーラーは、安い車を数売るよりも1つの高級車を売った方が大きな利益になるため、お金がありそうな人だと判断すると当然講習者の方を進めてくるでしょう。さらに、一般的な普通車を売るのも高級車を売るのも客層が違うだけで、販売するということに関して動く労働力は同じです。つまり同じ仕事をするなら高級車を売った方がもうけにもなるし、労力も無駄にしなくてすむのです。この事を考えると、高級車の方が値引きされる値段は大きいように感じます。しかし、考えてみてください。貴方がお金持ちで高級車を買いにディーラーに訪れたとしましょう。そんなとき、値引きを期待するでしょうか。お金を持っているから高級車を買いに来ているのです。そのような人には基本的に値引きは必要ないと思いませんか?特に値引きなどをせずとも余裕を持って勝手替える方がお金持ちとしてはかっこいいのではないでしょうか?

 

その点我々庶民はそうは行きません。車を買うとなる一家の大事業とういぐらいの大きな問題です。検討に検討を重ねて値段と目的に合ったものを、良い値段で買おうとするのは当然といえます。ディーラーに行くためにどんな値段交渉をするか家族会議で決めてから望むといった気合で望むというご家庭もあるでしょう。車に対してシビアな目を持っているのは余裕をもったお金持ちではなく、普通車や軽自動車を買う一般の人の方なのです。とうぜん車を売りにくいのもこの層とうことになります。

 

値引きの対象としてお得な車は希望しているより少し上級のモデルです。はじめから値段の安い車はすでに限界まで値が落ちているということが珍しくなく、その為値段交渉をしても安くなることが少ないのです。逆に少し上位のモデルはオプションなどが多くついていることが多く、このオプション料金を安くすることが出来れば、価格的にお得な値段設定にまで下げられる可能性があります。更に、安い車でもオプションをどれだけお得に付けられるかという方向で交渉する方法もあるでしょう。ディーラーとしては車を売りたいわけですから、付属品などは案外、タダで付けてくれるかもしれませんよ。